Lecturer

1973年、横浜生まれ。慶応大学法学部政治学科卒業。東京のイタリア料理店〈アクアパッツァ〉で基礎を学んだ後、2003年より北海道の〈ミッシェル・ブラス トーヤ ジャポン〉にて研鑽を積む。2005年、フランス・ライヨール本店での研修を経て、スーシェフに就任。2008年より、イギリス・ロンドン近郊の〈ザ・ファットダック〉にてスーシェフを務める。2010年、東京・表参道に〈レフェルヴェソンス〉オープン。同店のエグゼクティブシェフを務める。

Shinobu Namae is the chef-owner of L’Effervescence in Tokyo, which he opened in 2010. The restaurant, which focuses on modern gastronomy based on Japanese terroir and European techniques. Shinobu received a degree in politics from KEIO University. He worked at Michel Bras’ three-Michelin-star restaurants in Laguiole, France, and Hokkaido, Japan, where he was sous chef. Before opening L’Effervescence, he was the sous chef of Heston Blumenthal’s acclaimed The Fat Duck in Bray, England, and also worked in the restaurant’s pastry department.

生江 史伸
Shinobu Namae

今や、「地元の食材を使うこと」や、「サステナビリティに配慮する」ことは、シェフにとって当たり前になってきている。

いや、当たり前にならなければいけない。

 

そんな、”社会的意識のある料理人”たちは、これからのアジアのガストロノミーの世界で、何を考え、どんな行動を起こさなければならないのか。

 

日本の料理界の最前線を走る東京・西麻布のレストラン「L’effervescence」の生江史伸シェフを囲み、フィリピン、タイ、インドなどアジア各国から集まったシェフが参加し、料理人同士が膝を付き合わせて語り合う、全員参加型セッション。

 

*このセッションは、全員参加型のセッションとなります。参加者が誰でも発言できる、座談会形式です。

*参加者は、職業として料理に関わっている方に限らせていただきます。

It's been becoming a norm of a chef to "use local ingredients" or "be conscious about sustainability".

And, it has to be.

What is the role of those "socially conscious chefs" in the gastronomy world in Asian countries?

Namae Shinobu from L'effervescence in Tokyo, the inspirational personality to the younger chefs will lead this session.

Chefs from Asian countries such as the Philippines, Thailand, India, etc., confront with each other for the better future.

*This session is a round table where everyone can speak.

*Participants must be professionally involved with cooking.

*There will be consecutive translation.

エリア C
13:00 ~ 14:00
事前申込制(定員20名)

集まれ、料理人。

~アジアのガストロノミーに必要なこと~

Cooks, Get Together!

The Way Gastronomy in Asia want to be w/ Chef Namae Shinobu

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

© 2017 Proudly created with Slow Food Youth Network Japan