Panelists

1956年、大阪府生まれ。東京大学理学部卒業。慶應ビジネススクールMBA取得。1980年にロート製薬入社、1991年に取締役就任、2009年6月から現職。自分が健康であることで、家族が健康になり、社会へと健康が広がっていく。心身ともに健康であるだけでなく、社会に貢献できること、それこそが真の「健康」であると考えて、会社全体として挑戦している。

山田邦雄
ロート製薬株式会社
取締役会長

(一社)大日本水産会 事業部長。事業部長。昭和36年3月17日生まれ。東京水産大学(現東京海洋大学)卒業後、大洋漁業(現マルハニチロ)でトロ-ル事業に従事。平成17年大日本水産会へ。企画課長、漁政部次長を経て現職。
平成23年6月~平成28年12月まで、水産資源の持続的利用や生態系の保全を図る「マリン・エコラベル・ジャパン」の運営・普及活動に従事。本年3月24日に東京
オリンピックの持続可能性に配慮した水産物の調達基準が公表されたことを受け、日本の持続可能な水産物の国際的な普及・PRに取組んでいる。

木上正士
一般社団法人 大日本水産会 事業部長

北海道むかわ町出身。アイヌ女性会議メノコモ代表。アイヌ女性としての自身の経験に基づき、マイノリティに属する女性達が重層的、複合的に絡んだ差別を受けていることについてて活動的に発信する。また、2020年の国立アイヌ民族博物館の開設を控え、自然との共生しながら独自の食文化を気づきあげた日本の先住民族であるアイヌの文化の伝承者としても活動している。

多原良子
アイヌ女性会議メノコモ  
代表

More to come...

甲南大学経済学部卒業後、1998年(株)ロイヤルホテルに入社。料飲部門・営業企画部門を経て、2005年(株)神戸酒心館に入社。現在、同社代表取締役副社長。 同社は、清酒「福寿」の蔵元で創業は江戸中期の宝暦元年(1751年)。創業以来、同族経営を続けており現在の当主は13代目にあたる。日本一の酒どころである灘五郷のうち御影郷に位置し、蔵人8名が中心となって今なお昔ながらの手造りの酒造りを貫いている。本年全国新酒鑑評会での2年連続金賞受賞やインターナショナル・ワイン・チャレンジでは2部門で金賞を受賞するなど国内外での評価も高い。また、同社の純米吟醸酒がノーベル賞公式行事の提供酒に選ばれていることでも知られている。

久保田博信
(株)神戸酒心館
代表取締役副社長

「食」の分野は幅広い。今やさまざまなプレーヤーが多岐にわたって活躍をしていて、どれを一つ取り上げても応援したくなる素敵な活動ばかりだ。そんな中、世界最大の食の草の根運動である「スローフード」の発想は簡単かつ重要なものである。すなわち、こうしたプレーヤー同士たちが手を取り合って協働すれば、もっとすごいことを成し遂げられるのはないか。
アジア食の未来会議のオープニングにもふさわしい本セッションでは、スローフードと連携する諸団体の代表たちが集い、2017年の今だからこそ手を取り合うことの意味、またその可能性についてディスカッションする。

エリア A
10:30 ~ 11:30
申し込み不要

いまだからこそ、手を取り合いたい。

〜スローフードでの連携が生み出す創発〜

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

© 2017 Proudly created with Slow Food Youth Network Japan